医療機関で行なわれるレーザー脱毛とは?

医療レーザー脱毛とは?

“永久脱毛”として知られる『医療レーザー脱毛』ですが、名前に“医療”が入る通り医療機関でないと受けることができない施術です。医療機関で使用されているレーザーは、通常の脱毛サロンのレーザーよりも出力が高いと言われています。『医療レーザー脱毛』は、皮膚や毛のメラニン色素に対してレーザーを照射する脱毛方法です。レーザーで毛が成長する元の部分を壊すので、毛が生えてこなくなるという仕組みです。
施術は数回に分けて行います。レーザー出力が高いので、施術の時間も1回につき10分~30分程と短めにすますことができます。忙しくて何度もサロンに通えない人や、1回の施術時間を短めに抑えたい人には医療レーザー脱毛がおすすめと言えます。

医療レーザー脱毛のメリット

続いて医療レーザー脱毛のメリットです。メリットとしてはまず、レーザー照射の威力が高いことが挙げられます。回数が少なくてすむので低料金で脱毛できることができますし、何より早い段階で脱毛効果を実感することができますよ。
メリット2つ目は、自己処理をするよりも肌に負担がかからないこと。カミソリなどで自己処理を続けていると、埋没毛や肌荒れなどのお肌トラブルにつながることも。医療レーザー脱毛は毛が生える原因に対して反応するため、自己処理よりも肌の負担が少ないと言われています。自己処理をする回数も施術を受けるうちに段々と減っていきますよ。
メリット3つ目は、医療機関なので医師によるカウンセリングが受けられることです。不安なことは事前に医師に確認し、施術後に気になることがあれば適切に処置をしてもらえます。